PRFF4クリアしました だが・・・

ピクセルリマスターFF4をクリアしました。
プレイ時間は18時間ほど。

イベントを過ぎるといけなくなる場所が何か所かあるので大変でしたよ。
というかそういった場所の宝箱1個逃していたので回収コンプの実績が取れなかった。
他にも限定された期間内に行動しないと手に入らないアイテムも逃しましたし。

また、隠し召喚やピンクのしっぽといったレアアイテムの入手などの実績がまだこなせていません。
この辺はレアだけにそう簡単にはこなせないからなあ。
事実全てのプレイヤーの情報を集計したグローバルプレイデータでは
本日時点では隠し召喚魔法は3%、ピンクのしっぽは5.5%とかなり低い。
ということでまだまだ続きます。

こうした事があるから1~3と違って4~6を同時リリースしなかったんだろうなあ。

仮面ライダーリバイス 第3話「人質トラブル、どうする兄弟!?」

感想
まだまだ序盤ってことで大きな変化はないですね。
ですが2つ目のベルトを思しきものが登場するなど
2人目(正確には3人目)のライダーの登場が近い事を示唆させる事はありました。

新たなバイススタンプはマンモス。
都合とはいえ後ろ向きは結構大変そう。
リバイ&バイスの各形態は歴代ライダー要素がありますが
あくまでデザインのみにとどめていますが今度のは思いっきり電王要素がでていたなあ。
さすがにマンモスと電車は違いがあり過ぎか。

今回デッドマンを生み出した人は人質事件を起こした犯人ではない?
しかも真犯人はまだ悪魔を生み出せる要素があると。
冒頭にあった話となにか関係があるのかな?

機界戦隊ゼンカイジャー 第28話 「週刊少年マンガワルド大図解!」

感想
冒頭のはバカンストピアですか。
こうやるという事は今後もちょくちょく解放された世界を軽く流しそうだ。

それはそうと今度がマンガワルド。
人々を漫画にしていくという珍妙な能力ですが破かれたり燃やされたりすると
された人は死亡するので厄介。
しかも介人やジュランもされたから大変。
のはずでしたが普通に変身はできて攻撃もできる。
こちらは髪になっているので攻撃は当てにくい。
あれ、問題じゃない?というよりそんなのありかよ状態でした。

でもまずは漫画にされた人たちを救う必要があったのでそこは大変でしたね。
人質を取られているようなものでしたから。
作戦も気づかれていたし。
ゾックスが仕掛けてくれたからこそ上手くいったようなものでした。

その仕掛けで使ったマンガトピアのお宝はブルーンが回収していたのは驚き。
思えば戦闘に参加していなかったわ。

なんだか一気に公開されたSMP

しばらく音沙汰無いと思えばSMPが一気に公開されました。
ランバード、ドライアス、ガオハンター、そしてガオナイト。

ランバードは大体予想通りだったので特に語る事なし。
ガオハンターは先月のHJで公開されていた情報から特に目新しい部分はありませんでした。
ということでドライアスとガオナイトを。

ドライアスは当時品からしてかなり複雑でしたがSMPも同様にかなり複雑なようで。
それでいてプロポーションは上手くまとまっている様だ。
大きさもグレートファイバードタメはれるサイズなんで結構な大きさでしょうね。

ガオナイトはコングとエレファントの扱いはどうなるのか?
セットだと牛、鮫、虎がダブるけどそうるのか?
というのが気がかりでしたがナイトとして発売になりました。
ただ、ブラックバージョンとしての発売なのがなあ。
どうするんだろう?ノーマルカラー。
まさかケンタウロスに付属とやるのか?

リュウソウジャーの完全新作エピソード

TFCCでリュウソウジャーの完全新作エピソードが配信されるそうで。
今回のは先代の話。
つまりマスターレッド、マスターブルー、マスターピンクの3人の物語。

ストーリーはドルイドンが襲来する少し前という事なので第1話の少し前みたいですね。
これにイスカなる人物が大きく関わってくると。
ようはエピソード0って事か。

テレビシリーズ本編の内容にも深くかかわってくるというので興味はあるけどTFCC限定なんだよなあ。
まあこれだけ見るのであれば一ヶ月だけの契約でも十分なんですが。
さてはてどうすべきかな?

www.toei.co.jp

仮面ライダーリバイス 第2話「悪魔はあくまで悪いやつ!?」

感想
前回が3体で今回は2体。
たったの2話で5体もの怪人が登場するなんて随分と大判振る舞いだな。
しかも今回で撃破しているし。

今回の一輝とバイスのやりとりはなんだか電王を思い起こします。
2人の関係と言い状況と言いよくにているのも影響してしているね。
ただ、契約は今回でやったという違いは結構大きい。
しかも相手は悪魔。
悪魔にとって契約は絶対なので契約を違える事は無い。
それゆえ交わした約束を破る事は無いでしょう。この設定が反映さえていればね。

にしても、獣形態は合体してあの姿になるんじゃなくて本当に組体操なのかよ。
これにはビックらこいた。
恐竜形態だとバイスの顔の位置がアレだからねえ。

機界戦隊ゼンカイジャー 第27話 「7つのセカイを大航海!」

感想
お母さんを探して並行世界へ。
という事でこれまで解放された世界を回るわけですg、
それぞれの世界ではあれが当たり前なんだけどこちらから見ればどの世界もシュールな世界だ。
とくにカシワモチトピア。

捜索はトジテンドも行っていてこちらは人海戦術
しかもかなり乱暴を端らしているから介人はなんとかしようとしたけど
ここはゾックスの言い分に理があったね。

という事で介人が撮った作戦が見つかればいいというもの。
でも見つからないから大変な思いをしているわけで、と思いきや見つかった?
いやアレマジーヌだろ。とすぐに分かってしまった。
動きがどこかマジーヌぽかったし。
それでも上手くだまし一か所に集中させる事はできました。
ステイシーは気づいたっぽいけどね。

結局見つからなかったけど少なくともトジテンドが他の世界に攻撃を仕掛けるのは防げているからいいか。
んでブラックジュランガオーンも今回でおしまいか。
決着つかずが続くのは展開上良いとは言えないものの、なんだか惜しいな。