MPG-09 スーパージンライかあ

MPGシリーズ最新作としてスーパージンライが公開されました。
今回はこれだけではなくジンライも発売するようで。

ジンライとスーパージンライになるためのコンテナ。
という訳では無くてスーパージンライはそれ単独でスーパージンライになれます。
仕様の違いとしてはスーパージンライはアニメ設定、ジンライは玩具設定のカラーリングだそうで。

告知では「ゴッドジンライ」プロジェクトと称していたので
ゴッドボンバーの発売は確定とみて良いだろう。

なお、MPシリーズはジンライで販売終了となり以降はMPGシリーズの販売になるそうだ。
という事はこれ以降は合体キャラも発売していくのかもしれない。

仮面ライダーガッチャード 第30話「ライバル参上!?ガッチャとジュリエット」

感想
新学期という事でクラス編成が変わったようです。
これで新しいゲストキャラを登場させられるという事かな?
でも登場したのは転入生で宝太郎の幼馴染。

どうやら宝太郎に気があるようなのでりんねの事が気がかりのようだ。
りんねは特に仲間以上の関係ではないとは言っているものの、何かがある感じである。
これは本人も気づかないうちに恋心に目覚めているというやつ?
この話の流れかして数話はりんねが中心の話になりそう。

冥黒の三姉妹はというと
ラケシスは亡命中でクロトーはラケシスに当たったけど
展開次第ではクロトーも亡命者になりそうである。
残るアトロポスは・・・完全に敵対しているね。

しかし、演劇部の二人なんか見た事があるようなと思えばソノザと雉野でしたか。
しかも苗字は二人とも本名での登場かよ。

爆上戦隊ブンブンジャー 第6話「シロとクロ」

感想
マッドレックス隊長。
思ったよりどこかヌケたキャラだ。
名前間違って覚えられたみたいだし。
これなら変にシリアスになる心配はなさそうである。
とはいえ強さは本物だ。

今回はトイレ。
建前を流して本音を吐かせる。
ですが相手を罵倒するような事をしないあたりけっこう配慮した作りをしているなあ。
1回限りでもこの状況でいがみ合いを起こさせないなんてね。

ぬしろ射士郎が錠の事を疑っていたけど
結局そのまま本音で行動していたという事実。
さすがに警察官が本職の人に悪人要素は入れられないもんねえ。

巨大戦ではレッド不在か
これはかなり珍しい状況である。

大森敬仁氏が東映を退社

東映にてプロデューサーを務めていた大森敬仁氏が東映を退社するそうだ。
発表が3月末だった事からしてキングオージャーの制作をしていた時から決まていたのだろう。

一体何があったんだろう?
作品のデキどうこうはしょせん個人の感性でしかないので根拠には乏しい。
一身上の都合なのか?それとも東映内で問題視されたか。
まあこうした理由は明かされる事が無いので真相を知るのは無理である。

しかし、プロデューサー職が減るって大丈夫なのだろうか?
結構深刻な状況だと思うんですよね。

仮面ライダーガッチャード 第29話「この村は泣いている」

感想
まだ終わっていない怪事件。
人々が被害にあってはいるけどポーズがシュールすぎてあんま怖くない。
命に別状はないとはいえ事態自体は深刻なんだよね。

被害にあった人たちが指していた位置が何か意味があるかという事で
その位置には新たなマルガムが。
しかも今回は人が変異したものではないと?

一体何が起きているのか?
その理由が温泉の掘り当て。
仮面ライダーのキックの威力で穴を開けてもらうってその発想は無かった。
今回の件は悪い事ではなくて村の事を思って仕掛けたあたりがほっこりします。

爆上戦隊ブンブンジャー 第5話「警察屋はくじけない」

感想
錠を引き入れたとはいえそう簡単にはブンブンジャーにはなれなかったか。
どうやら何かが足りない様である。

その足りないものとは「守りたい」という気持ち。
でも錠は普通にあったよなあ。
今回も苦魔獣の被害にあった人たちも上手く逃がしていたし。
殆ど意識せずにごく自然に動いているのでは?と思うくらいに。

まあ何はともあれ変身アイテムも無事渡されてブンブラックに変身。
変身アイテムは3人とは異なるのね。
スーツも少し異なる。
ゴーグルのインパクトに意識を持っていかれてスーツの違いには全然気づかなかったわ。

4人になった事でロボはどうやって~と思ったら2人のりするのね。
うん。車なら2人で乗っても問題はないな。
1つのマシンに複数人が乗るっていつ以来だろう?

正式にブンブンジャーになった事に驚く調。
僅かとはいえ今回も出番があったということは今後もちょいちょいでてきそう。
それよかカレーと聞いて純粋に喜んでいるよ。
あの様子なら対立等の心配はないだろう。
というかカレー目当てで頻繁に訪れそうだ。

もうマッドレックスが地球にやってくるのか。
このタイミングで地球にやってくるって事は5人になった時に倒されそうな予感。

キン肉マンミュージアム静岡にオープン

静岡県沼津市内にキン肉マンミュージアムが4月下旬にオープンするそうだ。
しかも常設展示場。

延べ床面積は840平方メートル。
1階はグッズ販売施設と漫画や関連書籍が読めるフリースペースがあり
2階には複製原画やフィギュア、原作者であるゆでたまご先生の足跡をたどるパネル等が展示されると。

キン肉マン単独でこれだけの規模が展示されるのか。
それも期間限定ではなくて常設で。
いくら原作が現在も連載中で今年7月より新シリーズのアニメが放送されるとはいえ
これだけの事ができるのかと驚きだ。

行ってみたいとは思うものの、静岡県となると気軽に行ける場所ではないのでちょいと難しいな。

“キン肉マンミュージアム”が4月下旬より静岡県沼津市に常設オープン。“ゆでたまごの歩み”の紹介や複製原画、新作等身大フィギュアなどを展示 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com

https://twitter.com/kin29man_museum